リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル セブ マクタン島

マタタン島、戦いの跡は今 ? マタタンにいた「レンジャー部隊」

matatan
   84年頃だったと記憶しますが、今のシャングリラ・ホテルから少しプンタ・エンガニョ岬の方へ入った辺りに、対ゲリラ戦用に鍛え抜かれたフィリピン軍の精鋭「レンジャー部隊」が駐留していました。彼らはミンダナオ島、スルー諸島などで「モロ民族解放戦線」などイスラム徒族との血なまぐさい戦闘を経た生き残りの精鋭でした。
   一見しただけでも普通の兵隊と人相も服装も違いました。血なまぐさい戦場から帰ったばかりという雰囲気を周囲にまき散らしていました。隊長はサパンディハ(Sabandija)という大尉でした。隊長以下全員が髪の毛を長く伸ばしたままで切ったことはないという。長髪、髭もじゃで真っ黒に日焼けして眼光鋭く、戦闘服を着て街中を歩くわけですからいやでも目立ちます。一般市民も彼らには一目置いて「敬して遠ざける」という感覚のようでした。最初セブ市中でトラック上に仁王立ちした彼らを見たときは、またクーデターかとビックリしたものでした。それほど凄まじい雰囲気を漂わせていましたが、事実、数週間前まではミダナオ島各地で、現実に人殺しの戦いを続けてきた連中ですから「サモアリナン」ということでした。彼らは、生死が紙一重の戦場にいたわけですから迷信深くなっており「長い髪の毛が力の源泉」だと信じ切って、絶対に髪の毛は切ろうとしません。だからいつまでも凄まじい雰囲気を失いませんでした。

続きを読む: マタタン島、戦いの跡は今 ?...

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo