リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル セブ セブ市

この有田焼きの湯吞みでココアを飲んだのはだれ?

セブの下町にある「イエズス会の家」に展示
House of Jesuit続きを読む: この有田焼きの湯吞みでココアを飲んだのはだれ?

「ヤップ-サンディエゴ家の旧邸」

The Yap-Sandiego Ancestral House

IMG 8584ed

IMG 8656ed
Yap-Sandiego Ancestral House
155 Mabini St Parian,Cebu City
Tel. (032) 514-3003, 514-3002, 253-5568
9:00 am - 6:00 pm 入場料: 50ペソ

  セブ旧市街にある「パリアン広場」。このあたりは19 世紀の中頃まで福建出身の中国人やフィリピン人との混血(メスティーソ)の街として栄え、今も「パリアン」として知られている。公園のすぐ裏手、マビニ通りに「ヤップ- サンディエゴ家の旧邸(以下ヤップ・ハウス)」と呼ばれる中国人の古い家屋が残っている。当時の中国人の家や商店は現在の公園から東側に軒を連ね、ヤップ・ハウスのような赤い瓦屋根が、港まで続く小さな通りを賑わしていたようだ。旧邸は今から300年以上前に建てられた「フィリピンでも最古の家」とされている。初代の所有者は、織物や布地の問屋を家業としていた中国人商人ドン・フアン・ヤップ夫妻だったが、長女のマリアさんが当時、パリアンの区長を務めていたブラカン州(ルソン島) オバンド町出身のフィリピン人、ドン・マリアノ・サンディエゴ氏と結婚、サンディエゴ氏がヤップ家を継ぐことになったという。

続きを読む: 「ヤップ-サンディエゴ家の旧邸」

パリアン広場 かつての中国人居住区

Horizontal Template2

Horizontal Template

   セブ旧市街の中心にあるサントニーニョ教会から北西に走るオスメーニャ大通りは、スペイン時代にできた古いコロン通りとメトロ・ガイサノモール前で交差している。交差点を東に進むとマビニ通りに突き当たり、そこを左折して50メートルほど行ったところに、高さが15メートルほどのコンクリート製の教会模型と銅製の巨大な帆船がある公園に突き当たる。背丈ほどの簡単な塀に囲まれた通称「パリアン広場」である(表紙の写真)。教会模型の周りにはサントニーニョ像を担いだ行列や聖職者、原住民、船乗り、軍人など、さまざまな時代と階層の人たちの銅像が20基ほど配置されている。このあたりは目抜き通りのコロン通りから少し隔たった下町の一角で、公園横にはパリアン消防署、その前にはバスケットボールコートがある。
   この公園は1997年に着工され約3年をかけて完成したもので、「ヘリテージ・オブ・セブ」というのが正確な名称である。マゼランの来航、ラプラプと決闘の末の戦死、50年後に訪れたレガスピ隊によるマゼランが残していったサントニーニョ像の発見、住民への改宗、その後定着していったセブアノの「奇跡を呼ぶサントニーニョ」信仰、ガレオン貿易の盛衰など、セブで数世紀の間に生起した歴史的な出来事や外国勢との戦いと融和をテーマにした歴史記念公園である。

続きを読む: パリアン広場 かつての中国人居住区

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo