リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル セブ カモテス諸島 ありのままの自然が ここにある、カモテス諸島

ありのままの自然が ここにある、カモテス諸島

青い海、栄養豊かなマングローブの林、こぼれ落ちそうな満天の星々。
ありのままの自然の風景が、この島には広がっている

9

   6月の初旬、雨がふらない事を祈りながらセブ島の東に位置する諸島「カモテス」に向かった。
   このカモテス諸島、パシハン島(Pacijan)、ポロ島(Poro)、ポンソン島(Ponson)、トゥラン島(Tulang)の4島から構成されているが、観光客がおとずれるのは、主にパシハン島とポロ島。調べてみるとパシハン島のコンスエロに向けてセブ市の北の町ダナオからフェリーが出ているらしい。さっそく朝早くにセブ市から、パシハン島のコンスエロを目指すことにした。

1
   ダナオはセブ市ノースバスターミナルからバスで1時間ほどのところにある。このターミナルから北に向かうほとんどのバスは、ダナオを経由しているのでいちばん早く出発するバスに乗ればよいのだが、荷物がある場合はエアコンバス(運賃50ペソ)を利用したほうがよい。ノンエアコンバス(オーディナリーバス)は大きな荷物を置くところがなく、運賃もさほどかわらない。他にSMセブとダナオ港近くのターミナル間を運行しているバン(運賃50ペソ)もある。
6
   ダナオ港からは、Jomalia Shipping Corporationが一日4便コンスエロまで、フェリーを運行している。私は12時の船に乗ることにした。運賃は180ペソにターミナル費5ペソがかかる。エアコンの船室を希望する場合は、運賃が200ペソになる。コンスエロに到着したのは2時頃。船は予定通り出港したので、2時間ほどの船旅だった。
   宿はいろいろ見てみたが、ビーチから遠かったり、部屋やアメニティの質があまり良くなかったりで、結局最近オープンしたMongodlong Paradise Beach Resortに滞在することにした。このリゾートの楽しみは、ベビーパウダーさながらのきめ細かいホワイトサンドのプライベートビーチを備えている事と、海と一体に見える美しいプールだ。自然素材を活かした簡素な外観が印象的なリゾートレストランも、メニューが豊富で、数日間滞在してもあきない。ちなみに、コンスエロ周辺はファーストフード店はもとより、レストランもほとんどないので、旅行客の場合、基本的に食事は宿泊しているホテルでとることになる。
   島内での移動手段は、ハバルハバル(モーターバイクの後ろに乗る)と小型ジプニーしかない。私はパシハン島とポロ島の全域を細かく調べてまわりたかったので、モーターバイクを10時間借りて自分で動く事にした。
   実際に島内を走って見ると、以外と広い島であることがわかった。しかし、その割には、さほど観光資源として特筆するような場所は少ない。サンフランシスコ町のツーリストセンターでビーチの事などもいろいろ聞いて行ってみたが、実際に行ってみると名前だけで設備は何もなく、規模もかなり小さいところが多かった。
   そうした中、ツーリストセンターで勧められたのは、レイクダナオだった。コンスエロからはカンポに向かい、ユニオンというバランガイ側から入るとレイクダナオパークの入り口に出る。横に長い全長2キロほどの湖だ。希望すればここでボートに乗ったり、ホースライディングを楽しんだりする事ができる。
2
   また入り口の案内表示が小さくわかりにくいが、レイクダナオの北側に、ティモボと呼ばれる洞窟がある。私が行った時は、中で水遊びを楽しんでいる人がいた。この洞窟の近くにあるトゥロン・ダク・ビーチに行くと、カモテス諸島のうち最も小さい島、トゥロン島が見られる。とても小さな島で、電気も水道もないところだが、住んでいる人がいるのだそうだ。この島の周辺の海は、ダイビングの好スポットがあり、流れも弱いためマクロ写真派ダイバーの被写体も多い。
   サンフランシスコ町のパブリックマーケットの横の道を進むと、マングローブに挟まれた長い直線道路に出る。パシハン島とポロ島を結んでいる道路だ。ポロ島に入り、坂を下りると港もあるポロ町になる。ポロ島には、Looc Underwater、Bugahok、Bukilat、AltavistaやPagsaと呼ばれる洞窟がいくつもあるので、時間に余裕がある人は、まわってみるのもよいかもしれない。
   でもカモテス諸島の一番の素晴らしさは、何と言っても緑深い森とエメラルド色に輝く神秘的な海。美しい大自然の懐に抱かれた夢のような風景美が、いつまでも続くよう祈りたい。(髙橋)

ナビ・セブ第8号[Navi Cebu Vol.8]より

Travel インフォ
フェリー ホテル
Jomalia Shipping Corporation
Daily Schedule:
ダナオ→コンスエロ
5:30am
8:30am
12:00pm
5:30pm
コンスエロ→ダナオ
5:30am
9:00am
2:00pm
4:00pm
Mangolong Paradise Beach Resort にて乗船予約可能

電話:032-583-9450、0947-461-2077

www.mangodlongparadise.com

7 8
3
4
5
map

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo