リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル 旅のニュース & インフォ ロマンチックな夜の遊園地

ロマンチックな夜の遊園地

movingcircus

1Wideセブ セブ市内のSMモールでフィリピン人の友人と夕飯を食べていたら「さ、これから遊園地行こうか!」といきなり目を輝かせて私に聞いてきた。ただいま夜の9時。良い子が寝る時間に遊園地なんてやってるわけないだろうと思いつつ「今から?こんな時間に?」と聞いた。友人は「うん!遊園地は夜、開園するんだよ!」と信じがたい事を言い出した。少し興味が出てきた私は、フィリピンへ来て以来、初の遊園地へ出かけた。
   着いたのは海岸近くの、普段は空き地になっている場所。友人の言う通り、遊園地はキラキラのネオンと賑やかな音楽と共に開園していた。この遊園地、実は移動式のためある一定の期間でしか開園していない。中に入ると定番のメリーゴーラウンドをはじめ、バイキングやジェットコースターなど本格的な遊園地とさほど変わらない。私たちが着いたのは夜の10時前。夜だからやはり人の数は少ないと思ったのも束の間。10時を過ぎたあたりから若者達を中心に、中には子供を連れの家族まで続々と入場してきた。

1小河原花衣1
   入場料は無料で、乗り物に乗る際チケットを買う。相場は一つの乗り物が30~50ペソくらい。日本の遊園地よりもずっとお得だ。そして、乗り物以外にも射的や輪っか投げなどのゲームやダンスブースまで揃っている。フィリピン人はダンスが大好きだから、踊りたい人を取り込むために設営したのだろう。
   もちろん、屋台もあり小腹が空いても安心だ。どの乗り物も迫力満点で観覧車からはセブの夜景が綺麗に見える。ほとんどの乗り物を試して気づいたのだが、どれに乗ってもスピードが速い。そして、観覧車などの回転数も多い。同乗していた子供たちは大喜びではしゃいでいた。
   友人曰く「今期の閉園に向け、これからさらに新しいアトラクションが増えていくはずだよ」。夜がふけてからの遊園地もロマンチックでなかなか楽しい。一度訪れてみてはいかが?(文・写真 小河原花衣

「ナビ・セブ」ニュース [Navi Cebu News] July 2, 2015 

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo