リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル 旅のニュース & インフォ フィリピン航空が12月からセブ〜関西、名古屋両空港間の直行便を新規就航

フィリピン航空が12月からセブ〜関西、名古屋両空港間の直行便を新規就航

ビサヤ地方のハブ空港セブマクタン国際空港

 フィリピン航空(PAL)は10月29日までに、12月19日からビサヤ地方セブ空港と関西、名古屋両空港を結ぶ便を週14便、新たに就航させると発表した。
 PALによると、セブ〜関西間は週往復4便、名古屋へは同3便が就航する。
 関西空港へはセブから午前9時15分発・午後2時40分着、関西空港から午後3時40分発・午後7時半着の往復便が、週4日運航される。また、名古屋へはセブから午前9時10分発・午後2時43分着、名古屋から午後3時40分発・午後7時半着の便が週3日運航される。
 これまでPALはセブ〜成田間のみを運航していたが、12月からは日本の地方からセブへの直行便が利用できるようになる。マニラ空港からは羽田、成田、関西、名古屋、福岡各空港を結ぶ便が運航されている。

(10月30日のまにら新聞から)

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo