リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル 旅のメモ

高級コンドに格安宿泊 Airbnb利用はお勧め

   日本からフィリピンへの出張者は通常はホテルに泊まるだろう。首都圏マカティ市には、ラッフルズホテルのような高級ホテルから格安ホテルまで多数存在する。ホテルではなく、高級コンドミニアムに泊まりたいと思うときもあるだろう。そんなときにはAirbnbを利用するのがお勧めだ。
 2008年に米サンフランシスコで立ち上がった「Airbnb」は「世界中にくつろげる家がある」をコンセプトに、世界190カ国3万4千以上の街で部屋を貸す人と借りる人をつないでいる。マニラでも千件以上の部屋が登録されている。
 利用方法はいたって簡単。Airbnbにアカウントを登録したら、ホテルを予約サイトから探すのと同じように検索。高級コンドの一室から安いコンドの一室まで、いろんなものがヒットする。部屋について分からないところがあったり、要望がある場合はホストに質問することができる。その後、場合によってはホストとやり取りをして予約が確定する。ホストも予約を承認、予約確定すると、6〜12%のAirbnb手数料を含めた料金がクレジットカードから引き落とされる。予約確定後はホストとAirbnbのメッセージツールで鍵の渡し方などを決める。

続きを読む: 高級コンドに格安宿泊 Airbnb利用は...

気をつけよう、置き引き被害

salisigang   旅行者や在留邦人を狙った置き引き被害でいちばん多いのが、「食事中に盗まれた」という人だ。仲間と話が盛り上がり、会計をしようと隣の椅子に置いていたカバンを取ろうとしたら消えていた、コインが落ちる音がしたのでそちらに目を向けた隙に足下のバッグがなくなっていたなど、手口は巧妙だ。貴重品が入った小さなバッグがいちばんよく狙われる。置き引き犯は場所や相手を選ばない。モールの中、フードコート、高級レストラン街、バス停、路上など、複数の犯人が連携して行動し、わずかの注意を怠ったスキに貴重品やカバンを持ち去るのだ。犯人は盗んだものを素早く仲間にバチンタッチし、かりに現行犯で捕まってもポケットをひっくり返して「ほらね、何もないよ」と居直るのだ。なんとも腹立たしいが、証拠がないから泣き寝入りする以外にない。盗られたほうが不注意と言わんばかりに、警察も同情などしてくれないし、犯人を探す気もなさそうだ。

続きを読む: 気をつけよう、置き引き被害

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo