リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル おすすめ記事

ジャピーナッツのセブ日記「ヒーナイ・ヒーナイ・ラン! 」

セブ人の「シヌログ」

8719585306 82a2f139e9 o
   1月のセブといえば「シヌログ」である。しかし実は生で見たことは一度もない。オランゴ環礁のある島に滞在していた時に、生きた豚を船に乗せて次から次へと島を出て行くのを見て何事かと思ったら、みんな「シヌログ」に出かけたのだと後で聞き、「シヌログ」とは豚が関係する祭りなのかとその時は思っていたが、その後あの豚さんたちを売って祭りに行く経費を捻出するらしいことがわかった。
   そこまでして島民が行きたがる「シヌログ」、私も行ってみたいと結婚後、夫に言うと、「人がいっぱいいるだけでスリに遭うのが関の山だ。」とかなり冷めた調子で言われた。夫がだめなら近所に住む親戚だ、と行くなら連れて行ってくれと声をかけてみたが、みんな「シヌログ?行かなーい」とまるで興味がなさそうだったので結局連れて行ってはもらえなかった。私の住んでいるマクタン島はセブ本島とは昔から仲が悪かったというのが関係しているのだろうか、それとも私の住む地区だけのことなのかわからないが「シヌログ」でみんながみんな盛り上がるわけではないということを学び、私は自宅のテレビで「シヌログ」の踊りを延々と一人で観たのだった。

続きを読む: ジャピーナッツのセブ日記「ヒーナイ・ヒー...

セブから行くシキホール島

エメラルドグリーンの海、ホタルが飛び交う自然いっぱいの島NCebuVol2-siquijor-03

NCebuVol2-siquijor-13
「火の島」シキホール 

   セブ島の南の海に浮かぶシキホール島は、かつて「火の島」と呼ばれていた。この火の正体は、幻想的に闇夜を照らす「ホタルの木」だった。かつてこの島の山には巨大な原生林が育ち、そこには無数の蛍が棲んでおり、夜になると天然電飾のように光を放った。地元の人たちはホタルが集まる木を「精霊が宿る木」と信じていたという。うっすらと輝く島を沖合いから見たスペイン人は、この神々しい島を「火の島」と呼んだ。      2005年からこの島で小さなコテージを経営している原田淑人さんは数年前、コテージから20分のところに、ホタルが群がるポイントを数カ所見つけた。原田さん名づけて「ホタル街道」。原田さんは時々、宿泊客をこのホタルの木に案内する。日本では5月下旬や6月初めにしかいないホタルが、ここ常夏のフィリピンでは1年中、クリスマスや正月でも見られる。「この神秘の島シキホール島がホタルの島として、いつまでも残ってほしいと願ってます。美しい自然と人情味がまだ残っているシキホールへ、ぜひいちど遊びに来てください」。

続きを読む: セブから行くシキホール島

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo