リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home トラベル

travel cebu

高級コンドに格安宿泊 Airbnb利用はお勧め

   日本からフィリピンへの出張者は通常はホテルに泊まるだろう。首都圏マカティ市には、ラッフルズホテルのような高級ホテルから格安ホテルまで多数存在する。ホテルではなく、高級コンドミニアムに泊まりたいと思うときもあるだろう。そんなときにはAirbnbを利用するのがお勧めだ。
 2008年に米サンフランシスコで立ち上がった「Airbnb」は「世界中にくつろげる家がある」をコンセプトに、世界190カ国3万4千以上の街で部屋を貸す人と借りる人をつないでいる。マニラでも千件以上の部屋が登録されている。
 利用方法はいたって簡単。Airbnbにアカウントを登録したら、ホテルを予約サイトから探すのと同じように検索。高級コンドの一室から安いコンドの一室まで、いろんなものがヒットする。部屋について分からないところがあったり、要望がある場合はホストに質問することができる。その後、場合によってはホストとやり取りをして予約が確定する。ホストも予約を承認、予約確定すると、6〜12%のAirbnb手数料を含めた料金がクレジットカードから引き落とされる。予約確定後はホストとAirbnbのメッセージツールで鍵の渡し方などを決める。

続きを読む: 高級コンドに格安宿泊 Airbnb利用は...

気をつけよう、置き引き被害

salisigang   旅行者や在留邦人を狙った置き引き被害でいちばん多いのが、「食事中に盗まれた」という人だ。仲間と話が盛り上がり、会計をしようと隣の椅子に置いていたカバンを取ろうとしたら消えていた、コインが落ちる音がしたのでそちらに目を向けた隙に足下のバッグがなくなっていたなど、手口は巧妙だ。貴重品が入った小さなバッグがいちばんよく狙われる。置き引き犯は場所や相手を選ばない。モールの中、フードコート、高級レストラン街、バス停、路上など、複数の犯人が連携して行動し、わずかの注意を怠ったスキに貴重品やカバンを持ち去るのだ。犯人は盗んだものを素早く仲間にバチンタッチし、かりに現行犯で捕まってもポケットをひっくり返して「ほらね、何もないよ」と居直るのだ。なんとも腹立たしいが、証拠がないから泣き寝入りする以外にない。盗られたほうが不注意と言わんばかりに、警察も同情などしてくれないし、犯人を探す気もなさそうだ。

続きを読む: 気をつけよう、置き引き被害

セブのサントニーニョ祭りに全国から320万人が参加

台風で被災したサマール島のチームが自由演技部門で2位に入賞
Masbate, Lanao del Norte contingents win Sinulog 2016 Grand Parade

sinulog2016 23
 「サントニーニョ(幼きイエス)」を祝福するビサヤ地方最大の宗教行事、「シヌログ・フェスティバル」が17日にセブ市内で開催され、国内外から約320万人(主催者推定)が参加した。グランドパレードに先立ちセブ市スポーツ競技場で行われた開会式ではビナイ副大統領も駆けつけ、祭りの成功を祈ってこぶしを振り上げた。
   市内の通りを踊りながら練り歩くグランドパレードでは、ルソン、ビサヤ、ミンダナオ各地の代表チームが通りをステージにした力強い踊りで見物人を魅了。シヌログ通常カテゴリー部門ではビコール地方マスバテ島代表の「クルトゥラン・プラセレーノ・マスバテ(Kulturang Placereno Masbate)」のチームが、自由演技部門ではミンダナオ地方北ラナオ州代表の「ランド・オブ・ビューティ & バウンティ(Land of Beauty and Bounty)」がそれぞれ優勝の栄冠に輝いた。グランドパレードは約12時間後に無事終了した。
   昨年12月、台風ノノイに襲われ土砂崩れ被害で多数の死傷者が出たサマール地方の代表チームはダンサー97名で自由演技部門に参加、漁師の生活を題材にした「トゥリブ・カトゥバロガン(Tribu Katbalaugan)」が見事2位に入賞した。チームは先週月曜日に船便でセブに到着、セブ市セントラル高校の5階に寄宿して毎日の練習に励んだ。支給されたのはシーツ1枚のみで、ベッドはなく水圧が低いため毎日1階からシャワー室にバケツで水を運んだという。サマールチームの健闘を見物客らは大きな拍手で称えた。

続きを読む: セブのサントニーニョ祭りに全国から320...

1月、サントニーニョ祭りがビサヤをめぐる

   マニラ首都圏では1月、マニラ市キアポでメキシコから持ち込まれたされるブラックナザレ(黒いイエス)を祝う祭りが盛大に開かれる。対してビサヤ地方では奇跡と幸運をもたらす「サントニーニョ(幼きイエス)」を祝福して、各地で踊りや祭りの要素を取りいれた一大宗教行事が開催される。同地方の3大サントニーニョ祭りを紹介する

続きを読む: 1月、サントニーニョ祭りがビサヤをめぐる

ビサヤ地方のフィエスタ紹介!レイテ島ピンタドス祭り

3海を隔ててセブの東にあるレイテ島のタクロバン市で、毎年6 月末に催されるのがピンタドス・フェスティバルです。「ピンタドス」とはスペイン語の「身体全体を塗りたくった者たち」というような意味で、この島々にやってきたスペイン人は原住人が入れ墨をしているのを見て彼らを「ピンタド族」と呼びました。レイテ、サマール、セブ、ボホールなど各島の住民はみんな入れ墨をしていて、当時の「ピンタドス」は「ビサヤ族」と同じ意味で使われていました。

続きを読む: ビサヤ地方のフィエスタ紹介!レイテ島ピン...

ボホール島で「サンドゥゴ・フェスティバル」が開催!

1

続きを読む: ボホール島で「サンドゥゴ・フェスティバル...

シヌログ祭り (セブ市) 

サントニーニョを祝福するビサヤ地方で最大の宗教祭り シヌログ祭り (セブ市)
Sinulog Festival (Cebu) 1月19日(日)

シヌログ祭り
   毎年1月の第3日曜日、セブで開催される「シヌログ」は全国から観光客が訪れる、ビサヤ地方で最大の宗教的な祭りで、規模では全国一。9日間続くこの祭りは「幼きイエス」の聖像、サントニーニョを祝福するもので、セブの下町にあるサントニーニョ教会の野外礼拝堂では早朝の暗いうちから「ノベナ」と呼ばれる盛大なミサが行われる。参加者は赤い服を着せたサントニーニョ像を大事そうに抱えて参加する。
   「ピット・セニョール! ビバ・サントニーニョ(ようこそセニョール、サントニーニョに栄光を)」のかけ声が教会堂に響きわたる。最終日にはストリートダンスの自由演技や山車(フロート)、ヒガンテ(巨人)人形が市中の目抜き通りをパレードする。このパレードがシヌログのハイライトで、カラフルな衣装をつけた高校生らが、手作りのドラムを力いっぱい打ち鳴らし、トランペットの音に併せて独特のステップで踊るストリートダンスはあふれんばかりのパワーだ。ネグロス島やミンダナオ島からもたくさんのグループが参加する。沿道は見物人でびっしり埋まる。パレードの先頭を飾る女性は学校や地元のミスコンの優勝者で、サントニーニョ像を愛でるかのように、ゆっくりした動作で抱擁したり、頭上にかざしたりしながら笑顔でリズミカルに身体を揺する。「シヌログ」の語源は「川の流れのように動く」という意味のセブアノ語で、サントニーニョ像を掲げ、身体を波のように前後に動かしながら舞うのが本来のシヌログ踊りという。サント・ニーニョ信仰はマニラなど各地にあり、セブ市内の教会でサント・ニーニョ像を買い求める観光客も多い。

続きを読む: シヌログ祭り (セブ市) 

マニラ - 名古屋/東京便が新規就航!

名古屋へ行こう! さあ東京へ!

続きを読む: マニラ - 名古屋/東京便が新規就航!

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo