リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home 暮らしとビジネス ニュース & インフォ トレド市の民家に大型トラックが突っ込み2人が死亡

トレド市の民家に大型トラックが突っ込み2人が死亡

民家に突っ込んだ大型トラックCebu Daily Newsより    6月2日午後12時40分ころ、セブ東部のトレド市から山越えして西部のタリサイ市に向かう途中の道沿いの民家に、砂利を積んだ大型トラックがブレーキの制御を失って突っ込み、食器を洗っていたメシー・アリソソさん(20)と、同じ家にいたジェームス・セルガクちゃん(4)の2人が死亡、数人がけがをしてナガ市内の公立病院に担ぎ込まれた。トラックを運転していたジョンレイ・サレタ容疑者(29)は車が民家に突っ込む約100メートル手前で飛び降りて右足を骨折し、セブ市内の病院に運ばれた。トレド市警察はサレタ容疑者の回復を待って逮捕する方針。  
   けが人の家族は「運転手が私たちの前に姿を現さないのでどうしていいかわからない」「公立病院は前金50,000ペソを払わないと治療はしないと言っているが私たちは貧しくてお金がない」と途方にくれた様子だった。事故で瓦礫(がれき)になった家の下敷きになったアリソソさんは近くの民間会社の警備隊によって事故後3時間後に助け出されたが、すでに死亡していた。
   警察の話では現場は見通しがよくこれまで事故は起こっていなかったという。この事故で夕方まで国道は渋滞した。

「ナビ・セブ」ニュース [Navi Cebu News] June 3, 2015 

 

【続報】

トラック運転手、後輪に足をひかれて切断か

6月2日昼過ぎころ、トレド市の民家に、砂利運搬の大型トラックが突っ込み、2人が死亡した事件で、突っ込む手前で飛び降りたトラック運転手のジョンレイ・サレタ容疑者(29)は飛び降りた際に後輪に片足をひかれ、ビセント・ソットー病院(VSMMC)で切断の手術を受ける可能性が出てきた。遺族や被害者の家族が同容疑者を訴えた場合、刑事責任を問われることになる。裁判で有罪となれば免許証は取り上げられる。訴えられない場合には最高180日間の免停処分となる。トラックの持ち主は3日、砂利運搬会社へ葬儀費用と病院の治療費の援助を申し出た。いっぽう公共事業省は、今回の事故は運転ミスかトラックの整備不良によるものとしている。
(Navi Cebu News June 4, 2015)

 

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo