リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home 暮らしとビジネス ニュース & インフォ

101歳「沈没船から生還」 天白区の上野さんが戦争体験談(2015/08/02)【中日新聞】

PK2015080102100196 size0

   百一歳の元陸軍兵士上野三郎さん=名古屋市天白区御幸山=が一日、名東区よもぎ台二の戦争と平和の資料館ピースあいちで、沈没船から生還した戦争体験を子どもたちに語った。 
   上野さんは一九一四(大正三)年、福島県会津若松市生まれ。四四(昭和十九)年六月、二度目の応召で陸軍に入隊し、下関港から輸送船「扶桑丸」でフィリピンに向かう途中、米潜水艦の攻撃を受けて沈没。味方の船に運良く救助され、九死に一生を得た。フィリピン上陸後、米軍の攻撃を受けながら密林をさまよい、サワガニやヘビを食べて生き延びた。
   「私は運が良かった。『子どものために何としても帰る』と言っていた人が何人も亡くなった。気の毒で哀れでした」と振り返った。
   南山中学校女子部三年の伊藤明日香さん(15)=千種区=は「体験者の話を聞ける機会は少なく、貴重。無謀な戦争だったとあらためて感じた」と話した。同校三年の稲川夕真さん(14)は「私の祖父は戦争体験を口にしないまま亡くなってしまった。今日の話を胸に刻みたい」と語った。
   ピースあいちで一日始まった「夏の戦争体験語りシリーズ」の第一弾。十五日まで実際に戦地に行った十人が体験を語る。
(市川泰之)

ティウ元フエンテ警察署長がNBIに捜査妨害で告発される

6月3日6週間の休暇を終えて米国から帰国しストリートチルドレンに声をかけるティウ元フエンテ警察署長セブサンスター紙より転載

 聖週間期間中の4月5日、路上で物乞いをしていたチヤスティティ・ミラビレスちゃん(11)がフエンテ署内で警官から暴行を受けて翌日死亡した事件で国家捜査局(NBI)はこのほど、チヤスティティちゃんが路上でフエンテ署員から暴行を受けたとするストリートチルドレンらの目撃証言を重視、ティウ元フエンテ警察署長が嘘の証言を別のストリートチルドレンに強要したとして、ティウ元署長を捜査妨害で告発した。暴行を加えたとされているのはレイモニト・メサ、マヌエル・セハノ両警官。メサ警官が路上で寝ていたチヤスティティちゃんの体を蹴るなどの暴行を加え、セハノ警官がフエンテ署まで連れて行く際の運転役だったという。翌6日午前6時ころ、チヤスティティちゃんらはフエンテ署から帰宅されることが許されたが、チヤスティティちゃんは歩けない状態で友だちに背負われてフエンテ・オスメーニャ通りの母の元に帰ったという。ティウ元署長側の証人の物乞いの男性は、チヤスティティちゃんの義父が彼女を殴っているのを見たと証言していた。地元紙が報じた。

バンタヤン島の市場で鮫身が売られていた

10372509 875095899231826 4820235216192694555 n   セブ北端のバンタヤン島の市場で、フィリピンでは漁獲が禁止されている鮫が市場で売られていたことがわかった。セブ州政府は今後さらに取締りを強化していく。たまたま市場に昼食をとりにきた海洋学者らがサンゴトラザメとコモリザメがほぼ丸ごと市場に並んでいるのを見つけ、facebookにアップロードしたことから問題が発覚した。コモリザメがキロ当たり80ペソ、サンゴトラザメが同50ペソでそれぞれ売られていた。2014年の州条例であらゆる種類の鮫の捕獲が禁じられている。「セブ・デイリーニュース」が報じた。 

米国人が児童買春容疑で逮捕 ボゴ市

RETIREE NABBED IN BOGO

続きを読む: 米国人が児童買春容疑で逮捕 ボゴ市

ティウ第2分署長、米国から帰国。警官の高潔さを訴え辞任

ティウ第2分署長

続きを読む: ティウ第2分署長、米国から帰国。警官の高...

マクタン島コルドバ町の埋め立て計画に「青信号」

Cordova

続きを読む: マクタン島コルドバ町の埋め立て計画に「青...

トレド市の民家に大型トラックが突っ込み2人が死亡

民家に突っ込んだ大型トラックCebu Daily Newsより

続きを読む: トレド市の民家に大型トラックが突っ込み2...

ヤマハの前2輪バイク「TRICITY(トリシティ)」がセブにお目見え!

TRICITY 「こんなのセブでは見たことない?!」、常に新しいアイデア車の開発を手がけてきたヤマハが生んだフロント2輪の125ccバイク。重量152キロ。5月8日から10日までSMシティ・セブの駐車場で試験走行を披露した。初めて目にした新アイディアバイクに、来場したセブアノのバイク愛好家たちは驚きの声を上げた。英字紙「Cebu Daily News」が報じた。

 トリシティは「LMW機構 Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)」と呼ばれる新しいメカニズムを搭載して安定性を高め、「操縦しやすく軽快な走り」を可能にしたという。
 その特徴は、「フロント2輪をリーンさせる機能に加え、左右のサスペンション機能を独立させることにより道の変化に合わせて2輪が動き、安定感のある走り」「低速走行時や強い横風でもハンドルのふらつきが少なく、コーナリングや、切り返しなどの方向転換がスムーズ」「左ブレーキレバーを操作するとリアブレーキとフロントブレーキにバランスよく効力を発生させ、制動時にハンドルのふらつきが少なく、コントロールしやすくなり、あなたのブレーキ操作をサポート」というもの。

続きを読む: ヤマハの前2輪バイク「TRICITY(ト...

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo