リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home グルメ おすすめ記事 英雄でシーフードのラプラプ

英雄でシーフードのラプラプ

Lapulapu Shrine & Seafood Restaurants

navicebu8 lapulapushrine 02
   フィリピンの英雄「ラプラプ」の銅像がある公園の隣に、シーフードレストラン街がある。店の前に並べられている、または水槽に泳いでいる魚介を選び、好きな調理方法で調理をしてくれるレストランである。
   並んでいる魚は私たち日本人が見慣れない熱帯特有の色とりどりの魚もあり、「え~?これ、食べられるの~?」と思うものもあるが、食べてみると意外と(?)どれも美味しいのである。ダイビングやスノーケルでさっき見て「キレイ!」と感動した魚が、今度はまさに食材として売られているのである。
   まずは食材を選ぶ。魚は目を見れば新鮮かそうでないかがわかる、というが、私はエラをチェックする。人差し指で魚のエラをチョイと持ち上げ、中が濃い赤ならばまず間違いない。
   英雄と同じ名前の「ラプラプ」という魚がある。日本ならばもうちょっと詳しく分類されているようだが、結構、「ラプラプ」と括られる魚の種類の範囲が広いので、これも「ラプラプ」、あれも「ラプラプ」という感じ。実のところ、店の人もよくわかっていない感じもしないでもないが、日本ではクエとかアラと呼ばれる魚で、淡白な味わいで美味しい。 白く濁ったようなピンクならば、ちょっと時間が経っている。これをやるとちょっと「通」っぽい?と、自分に酔ったりして。指は魚臭くなるけれど。
navicebu8 lapulapushrine 04
   マングローブ蟹も美味しい。日本で食べる蟹のようにあまり食べるところはないが、体と足?手?の関節部分がうまい。ただ所詮はフィリピンのローカルレストランである。関節の奥の身をほじくる蟹スプーンも、固い殻を割る道具もまず出てこない。コップやスプーンなどで固い殻を割り、スプーンやフォークの反対側の細いところを使って、中の身をほじりながら食べなくてはならない。これは相当にイライラするので、私はやる気満々、気合を入れて、蟹スプーンと蟹ハサミを持参している。
   イカも美味しい。「イカリング」もうまいが、イカゲソをニンニクと醤油で炒め煮したものもうまい。「アドボ」という調理方法であるが、このちょっと濃い目の汁を、フィリピンのポロポロしたご飯にかけて食べるのがまた最高である。店にもよるが、イカを何匹か買い、頭の部分は「イカリング」で、イカゲソの部分は「アドボ」で、なんて、一粒で二度美味しいこともできる。
   外国人観光客がいないわけではないけど、地元の人が利用するレストランである。外国人がいきなり行って素材を選び、調理方法を指示する、 なんてことはかなりハードルが高いかもしれない。この辺りには同じようなスタイルのシーフーまたこの辺りにはたくさんのお土産屋さんが軒を並べており、これが結構安い。ラプラプ像を見に行ったついでにシーフード。でもあくまでも自己責任でお願いします。(水野)ドレストランが何軒か並んでおり、駐車場に着いた瞬間、客引きのオニイサンたちがうるさくつきまとってくるしね。メニューがある店もあるらしいが、できれば知った人に案内してもらうのが一番いいと思う。どの店に入っても海沿いの席があるが、潮が引いていると何か生ゴミ臭いのと、子供が金をせびりに来るのであまりオススメはしない。あとどこからともなく現れるハープ弾きもいる。食事をしていると助手にハープを持たせ登場し情感たっぷりに弾いてくれるのだが、正直、うまいんだかヘタなんだかわからない。頼んじゃいないがやっぱりなにがしか渡さなくては格好つかない。が、「こんばんは~!」と近寄ってきた瞬間、「あ、いい!いい!」と断っている強者も時々見かける。「NO」と言えない日本人であるが、なにがしかを払いたくないならば演奏を始める前に勇気を持って断ろう。

ナビ・セブ第8号[Navi Cebu Vol.8]より

調理例 Cooking Examples
   ラプラプ   
エスカベッチ(あんかけ)・スチーム(蒸し焼き醤油味)・スープ(塩味スープ)
   マングローブ蟹   
チリソース・スチーム(蒸し)・ボイル(茹で)
   イカ   
カラマリス(イカリング)・アドボ(ニンニクと醤油の炒め煮)・バーベキュー(焼き)
      
スープ(塩味スープ)・バーベキュー(焼き)・ボイル(茹で)

navicebu8 lapulapushrine 01 navicebu8 lapulapushrine 00

ラプラプ
bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo