リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home グルメ 食のメモ 「カオン・タ!(食べましょうよ)」の ホントの気持ちは?

「カオン・タ!(食べましょうよ)」の ホントの気持ちは?

by ジャピーナッツ

   知り合いの人の家の前を通り過ぎる時、ちょうど食事の時間だったりすると「いっしょに食べましょうよ!」と誘われることが度々ある。フィリピンに来てまだ間もない頃、驚いて「いいです、いいです!」なんて断るんだけど、あまり頑なに断るのも感じが悪いかなぁ、なんて思ったりして、誘われるままに家の中に入り、そのままご飯をご馳走になる、なんてことが幾度もあった。決して裕福な家ではない。もともとお客さんに食べさせようと思って作っている食事でもなく、おそらくその家が普段、食べているもので、食卓の真ん中にご飯がドーンと置いてあって、おかずが一品、一皿に盛られて、「はい!」とプラスティック製の皿を渡され、勝手にご飯とおかずを盛り、手で食べる。断ることの方が何だか無礼な気がして、誘われるままに食べていた私だったけど、ある時、逆の立場で同じような場面があった時、私が誘ったフィリピン人は頑なに断って帰っていった。それから気をつけて見ていると、フィリピン人は自分が何かを食べるときに、そこにいる周りの人には必ず「カオン・タ!(食べましょうよ)」と声をかけている。しかし真に受けて「じゃあ、いただきます。」なんて言う大人はほとんどいなかった。みんな「シギラン!(気にしないで。)」と断っている。もしかしたら、「食べましょう!」というのは社交辞令というかお約束というかで真に受けちゃいけなかった?
   親しいフィリピン人に聞いてみると「そんなことはない。」と言う人と「そうねぇ、図々しいわね。」と言う人と意見が分かれる。結局のところ何が正しいというわけではないようだが、だんだんこちらの生活に慣れてきて、「食べましょうよ!」と言う機会も多くなると、「はい、いただきます。」なんて言う人は、心の中では「え?食べるの?」など驚く。
「カオン・タ!(食べましょうよ)」の ホントの気持ちは?

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo