リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home グルメ フィリピン料理 比軍隊式の食べ方「ブードル・ファイト」が米国からセブに逆上陸して人気!

比軍隊式の食べ方「ブードル・ファイト」が米国からセブに逆上陸して人気!

17

家族で子供が少しくらい飛び散らしても平気大人も豪快にみんなでわいわい楽しもう
Seafood Island
4th Level, Ayala Center Cebu
Tel. 410-6399, 0917-625-4695

Rainforest Park, Mabolo, Cebu
Tel. 260-7058, 0917-864-4988
   こんな豪快な、また、壮観な食べ方があるだろうか。「ブードル・スタイル」または「ブードル・ファイト」。フィリピン起源の料理と食べ方が世界の食の中心、ニューヨークはマンハッタンであっという間に評判になり、本家のフィリピン・セブへ逆上陸した。
   テーブルの向こうからこちらまで、ながーく敷かれたバナナの葉っぱ。その上に肉から魚、貝、カニ、エビ、野菜、ごはん、スープ、シチューまでずらりと満艦飾(まんかんしょく)のように賑々しく料理が並ぶ。これをスプーンもフォークもナイフも使わず、すべて手づかみで口へ運ぶ。スープを飲むのもスプーンは使わない。
 「きたな~い。いやだぁ」なんて思うなかれ。テーブルの両側には大ジョッキに入れた水が用意されている。これで食べる前に手を洗う。食べた後も、食べる合間にも手を洗う。ニューヨークで潔癖症のアメリカ人が躊躇してフォークとスプーンをくれ、と言ったが、同僚から勧められて、手で食べてみたら、「自分の手でちぎって、つかんで、口へ運ぶと料理はこんなにも、おいしいかったのか」と驚き、熱烈なリピーターになったそうだ。
   ブードル・スタイルはフィリピンの陸軍士官学校で始まった伝統的な軍隊方式の食べ方。軍の階級に関係なく同じメシを食べることで信頼と同士愛が生まれた。マンハッタンでフィリピン人起業家が開店したブードル・レストランの名前は「ジープニー」。セブのアヤラ・センター内に逆上陸した店は「シーフード・アイランド(SEAFOOD ISLAND)」。5人から7人を対象にしたメニューが1,100ペソから1,680ペソで楽しめる。1人当たり200ペソ前後とお値段も手ごろだ。もちろん1人や少人数で行って、アラカルトでオーダーすることもできる。会社のみんなで行けば上司と部下の意思疎通もよくなりそうだし、「兵隊さんはこんな食べ方をして国を守ってくれているんだ」と感謝の気持ちが湧くかもしれない。お薦めの店、お薦めの料理である。
(マニラ新聞セブ支局 麻生雍一郎)

ナビ・セブ第11号[Navi Cebu Vol.11]より

78 82
Seafood Island  5
友達と同じお皿からならぬ同じ葉っぱの上から手づかみでなぜか近しい感じが増して新鮮
staff

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo