リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home コラム ナビマニラお勧めの本

『ナマコを歩く』赤嶺 淳著(2010年新泉社)

namakowoaruku
現場から考える生物多様性と文化多様性

   本書はかつて、『ナマコの眼(マナコ)』を著したアジア研究者、鶴見良行氏(1926〜94)の遺志を継ぎ、ナマコを追いかけてフィリピンから世界全体を俯瞰(ふかん)しようとする著者の大胆かつ精緻な試みといえる。叙述されているナマコは、華語では海の朝鮮人参を意味する「海参」と表記される。古くは『古事記』に、あるいは各地の特産物などを記した『延喜式』などにもしばしば登場し、かつては日本の対中国(明・清朝)への重要な輸出産品だった。
   ナマコは江戸時代後期、長崎の出島交易で中華料理の高級食材として珍重された乾燥アワビと並ぶ、対中国「俵物三種」の一角を占めていた。因みに『延喜式』には「このわた」(内臓の塩辛)の記述がみられ、「いりこ」という塩蔵加工も行われていたことも記録されているから、およそ少なく見積もっても日本だけでも1000年ほどこの生物と付き合っていることになる。また 夏目漱石の『吾輩は猫である』にも「ナマコを最初に食べた人間の胆力には驚くRead Moreべきものがある」旨が記されているが、本書が述べているのはこの、内臓を吐き出してもなおしばらくは生きながらえる奇妙な生物がときには人間そのものを翻弄し、欺いてきた歴史とその拡がり(現在)ともいえる。
   著者は学生時代に国立フィリピン大大学院に留学、フィリピン最南部のスルー海域のマンシ島地域でのシアン(青酸)やダイナマイト漁法などの現場を踏査した。その後、国立民族学博物館(大阪)をベースに地道に研究を深めるかたわら、東京での「ヤシ研」、「カツ・かつ(カツオ・かつお節)研」などを経て、ようやくその本領であるナマコの世界に立ち戻った。文字通り世界中を駆け抜ける中で本書を書き上げた。本書執筆に際してはフィールドをさらに拡げ、南太平洋諸島からモルッカ海峡、インド周辺海域、欧州、さらに北米から南米にまで足を伸ばし、議論の説得性にいっそうの厚みを持たせている。

続きを読む: 『ナマコを歩く』赤嶺...

『世界の言語シリーズ6フィリピン語』

大上正直/ジェニー・ヨシザワ共著大阪大学世界言語研究センター2012年、大阪大学出版会
文:澤田公伸

606
   昨今のアジアブームもあってか日本の書店でもアジア語学系の文法書や会話本などのコーナーがにぎわっているという。フィリピン語関係の図書も同じで、文法書や旅行者向けの会話本、写真やイラスト入りの単語帳などが最近、数多く出版されている。そんな中でも、2012年3月末に出版されたばかりの『世界の言語シリーズ6 フィリピン語』(CD2枚付き)は、本格的にフィリピン語を習いたい読者にとってはこれ以上申し分のない、総合的な文法学習書としてお勧めできる一冊だ。筆者の大上正直教授(大阪大学大学院言語文化研究科教授)とジェニー・ヨシザワ同大学講師による詳細でかつ明快な文法解説に加え、豊富な練習問題やCDが付いているため自主学習が容易で、さらにフィリピン(特にマニラ)の最新生活情報がふんだんに盛り込まれているため、分厚い文法書でも飽きずに読み進めることができるのが嬉しい。
   まず、なによりもこの本は優れた文法書である。フィリピン語(タガログ語を中心とするフィリピンの国語)は、語順やang(「アン」と発音)などの標識辞、動詞の焦点(フォーカス)や相といった、英語などに比べると特異な文法を持つため勉強するのに骨が折れる言語であろう。しかし、本書では全30課を通じ、日常会話に基づいた例文を入り口にして、各課ごとにポイントを抑えた文法解説が順序よく紹介されている。この文法解説の部分は、2003年にやはり大上教授が書き下ろした『フィリピノ語文法入門』(白水社)をさらに拡充した内容になっており、かつてこの文法書を手引きとして学習した者にとっては分かりやすい。

続きを読む: 『世界の言語シリーズ6フィリピン語』

『スー・タンを縫いながら』ペラジア・V・ソリヴェン著

『スー・タンを縫いながら』日本占領期を生きたフィリピン女性の回想
ペラジア・V・ソリヴェン著 (段々社、後藤優 訳、2007年)

517

   本書を読み終えた時、「一身に愛すること」を体現した女性が確かに存在したことを知り、フィリピンに対する、いや人間に対する見方がまた変わったような気がした。81歳の長寿を全うしたペラジアという一女性の自叙伝でありながら、夫婦や家族、そして神に対する愛の奇跡を身をもって実現した人の心意気が伝わり、良質な映画を見た後のような心地よい感動がいつまでも残った。
   この夫からの不変の愛に照らされて、ペラジアも子供や周囲の人々に対して愛情を注いでゆく。後に大統領になるキリノ議員を下院選挙で破るなどベニトは政治の世界でも頭角を現してゆくが、彼は決して自分の利益のためではなく、選挙民やカトリック教会の利益のために政治を担う人物だった。そのため、いつも家庭が貧しく、ペラジアや子供たちがお互いに家事を分担したり、いろんなアルバイトをしながら生き抜く様子は感動的ですらある。
   やがて日本占領期に入り、ベニトはマニラを撤退した比米軍に加わり、バタアン半島で籠城戦を戦うが日本軍に敗北。「バタアン死の行進」を経て、タルラック州カパスの捕虜収容所に入れられたベニトに会うため、危険を冒して長男と一緒にマニラからカパスまで旅をするペラジア。当時、収容所近辺で薬草のグアバを集めるため、フィリピン捕虜たちによるクアバ特務隊が結成されたが、それに混じっていた夫とついに再会する。その後、夫はやっと釈放されるが、劣悪な収容所生活による栄養失調とマラリアにより本人はすっかり衰弱していた。ベニトは家族水入らずのクリスマスをなんとか過ごした後で、この世を去ってしまう。

続きを読む: 『スー・タンを縫いながら』ペラジア・V・...

『俺はマニラのはぐれ商人』赤窄 勇著

500

   フィリピン・マニラで商売する日本人経営者は少なくないが、この人ほどスケールの大きい浮き沈みを経験した人はいないのではないだろうか。著者の赤窄さんは今もマニラ首都圏に住む実在の人で、本書の著者説明には次のように紹介されている。
「35年前、初めてフィリピンに来て以来、おかしな魅力に取り憑かれ、日本料理店を手始めに、いろんな商売に挑戦するも、その度ごとに崖っぷちに追い込まれる。不屈の精神と、多くの仲間たちに助けられ現在にいたる」。
   とにかく、日本人がフィリピンで商売することの半端ではない困難さがひしひしと伝わってくる。著者はマニラ市エルミタの日本料理店「ふじやま」、「やまと」、「やきとりの店」を皮切りに、海のダイヤと呼ばれた深海鮫肝油「スクアレン」の製造・輸出やそれを原料とした健康食品の商売に次々と挑む。その間、ペテン師に店を乗っ取られそうになったり、持ち前の「山っ気」から山下財宝探しに手を出しかけて
   高い「授業料」をとられたりと予期せぬ出来事に何度も遭遇する。八一年にはフィリピンを訪問したローマ法王ヨハネ・パウロ二世からリサール公園特設ステージの最上段で聖体拝領を受けるという夢のような経験もした。カトリック教徒である著者の先祖は長崎の五島列島の隠れキリシタンで、著者は一時期、神学校にも在籍したことがあったらしい。

続きを読む: 『俺はマニラのはぐれ商人』赤窄 勇著

『黄金伝説』 生江有二著

499
旧日本軍がフィリピンに隠匿した財宝の真実

「黄金伝説」「旧日本軍が秘匿」というタイトルだけを見たとき、何かう胡散(うさん)臭い「山下財宝のトレジャーハンター」を主役にした架空小説か、財宝にまつわる噂話を集めただけのルポ風の読み物かと思ったのが大間違いだった。筆者の生江氏は、1990年代、フィリピンのルソン島やミンダナオ島各地、また、日本の各地の市町村を訪れ、精力的に旧日本軍兵士や慰霊団に参加していた遺族たち、さらに実際に「山下財宝」を比全土で追い求める日比のトレジャーハンターたちを探し出し、インタビューを敢行している。そこから得られた個々人の戦争体験や財宝探しの経験に基づきながら、著者は、ルソン島北部の山岳地域で飢餓と「鉄の暴風雨」にさらされた将兵や在留邦人たちの軌跡、彼らをそのような状況に追いやった日本の軍部という「計り知れない闇」の存在、そして日本占領によって収奪されたフィリピン人たちがいかにして「山下財宝」という神話を編み出してきたのか、という「真実」について、説得力を持って読者を導いてゆくのである。本書は、「山下財宝」伝説をはるかに超えて、フィリピンと日本にまたがる現代史の重要な一面を読者に伝える、秀逸なノンフィクション作品だと言えるだろう。

続きを読む: 『黄金伝説』 生江有二著

『拳の漂流』城島 充著

475
 『拳の漂流』城島 充著 (講談社・1,900円) 
2003年6月30日発行

   大阪のミナミにかつて、「ボクシングの神様」「最強のボクサー」と呼ばれたフィリピン人プロボクサーがいた。太平洋戦争が勃発する直前の1941年に来日したパナイ島イロイロ出身のベビー・ゴステロ。大戦前後の一時期に日本ボクシング界で一世を風靡(ふうび)したヒーロー、ピストン浜口や笹崎たけしと対戦し、勝ったこともあるベビーは、戦後28連勝という記録も打ち立てた天才ボクサーだった。産経新聞社の記者だった著者は、リング界から忘れ去られた晩年のベビーと出会い、その足跡をたんねんに追いながら、ボクシングを通じたフィリピンと日本の交流の歴史を浮き彫りにする。また、時代に翻弄(ほんろう)され引き裂かれるベビーとその家族の愛憎も見事に照らし出した。
   本書はまず、ボクシング好きにはたまらないだろう。戦前、戦中の日本人の大和魂を鼓舞し「拳聖」と呼ばれるほど国民に愛されたピストン浜口。現役時代にピストンと「世紀の一戦」を繰り広げ、引退後はファイティング原田など多くのチャンピオンを世に送り出した笹崎たけし。当時のフライ級世界チャンピオンだったフィリピン系米国人ボクサー、ダド・マリノを東京・後楽園で破って日本人で初めて世界王者になった白井義男。などなど、かつて日本のボクシング界をけん引した有名選手の足跡や、節目の勝負をたんねんに紹介しているからだ。ベビー・ゴステロは、そんな日本人のヒーローたちと互角に戦っていたというから驚きだ。しかし、太平洋戦争に突入した1942年5月に、国技館でベビーがピストン浜口と対戦した時の様子は本書に次のように紹介されている。
   リングサイドには白装束に身を固めたピストンの応援団が陣取り、ラッシュが始まると「わっしょい、わっしょい」と津波のような声援が会場を包んだ。1発打たれたら2発返す。2発打たれたら3発・・・。打たれても打たれてもひたすら前進する英雄の背中に、戦時下の日本人の多くが「皇軍勝利」の夢を重ねたのだろう。

続きを読む: 『拳の漂流』城島 充著

『大和魂☆マニアーナ』内山安雄著

『大和魂☆マニアーナ』内山安雄著
(光文社・1,700円) 2008年7月21日発行

464
   生まれも育ちもマニラの旭山太郎は、父が日本人、母がフィリピン人のハーフの十五歳。「太郎よ、我々の祖国日本へ行き相撲取りになれ」。土俵には金が埋まっている。事業に失敗し無一文になった父の命により、太郎は日本へやって来た。 「太郎よ、大和魂だ」。相撲好きの父は、自宅に土俵を作り太郎に相撲の英才教育を施していた。そのおかげでとりあえず競技としての相撲にはついて行けるものの、礼儀、しきたりに関しては全てが驚くことばかりだった。また、先輩によるしごき、いじめのすさまじさが太郎を苦しめる。でも、もう自分には戻る場所がない。ここで、強くなるしかないんだ。妹の花子は、メイドまでやっている。自分が頑張って稼ぐしかないんだ。そして、強敵のライバルに勝ち、序の口優勝を遂げる。場所手当の他に、優勝したら十万円が手に入るのだ。し かし。場所手当も賞金も渡せない、と親方に言われる。父が親方に前借りをしているのだ。ひどいよ、父さん!しかし、ここは「なんとかなるさ」のマニアーナ・ハビットでやり過ごすしかない。しかし、さらなる困難が太郎を待ち構えていた⋯⋯。 辛抱、根性、そして貧乏。日比ハーフの少年力士の成長を熱く描いた感動の新刊。お求めは日本の書店で。

続きを読む: 『大和魂☆マニアーナ』内山安雄著

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo