リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home コラム セブの自然災害 台風被災住民に支援物資を配布- セブ日本人会

台風被災住民に支援物資を配布- セブ日本人会

5回にわたり 総額33万3730ペソ分

1
   セブ日本人会(三村幸弘会長)は2日、台風ヨランダ(30号)で家を失ったレイテ島タクロバン市内の被災民が避難しているセブ市南部のサウスロードのテント村に、マットレスや枕などの支援物資を贈った。また「子供たちの笑顔のために」と、千葉県佐倉市の会社社長が寄付した200個以上のぬいぐるみも手渡された。
   セブ日本人会はこれまで、寄付された総額33万3730ペソの義援金で4回にわたってセブ各地に支援物資を届けており、今回の支援は5回目。
   支援物資はコンクリートの床でも快適に寝られるようにとマットレス60枚と枕120個、さらに石鹸やシャンプーなどの生活必需品のほか保温ポット60個、ガス調理台なども贈られた。テント村の被災者の要望をもとにセブ日本人会が支援物資を決め、三村会長以下10名の理事が直接手渡した。
   子供たちには通学カバンのほか、千葉県で遊具などのリサイクル業を経営する濱口氏が寄付したアンパンマンなどのぬいぐるみが贈られた。子供たちは競い合うようにぬいぐるみを選び、大喜びだった。
   テント村代表のブチ・アルベサさん(36)はレイテ州タクロバン市の自宅や親戚の家などすべてが破壊された。「自宅は海岸近くだった。現在は海岸から200メートルまでは家を建てられないので、いつレイテに帰れるか分らない」と顔を曇らせ、「日本人は本当に優しい」と目に涙を浮かべながら感謝の言葉を何度も述べた。
   日本人会理事らがテント村を後にする際には大きなサンキュー・コールが何度も叫ばれた。
   現在も少しずつ寄付が集まっており、セブ日本人会は支援を続けるという。(今野喜六 、松本江里加)

ナビ・セブ第7号[Navi Cebu Vol.7]より

2月3日時点の義援金のご報告
【第1回】 2013年11月6日 ダアンバンタヤン町にお米(5キロ)123袋
【第2回】 2013年11月23日 バンタヤン島にお米(5キロ)120袋。
【第3回】 2013年11月30日 救援活動が行なわれていないボゴ市にある山間部のガワイ地区にお米(3キロ)200袋とミネラルウォター(6リットル)500本。
【第4回】 2013年12月7日 サンレミヒ町ゴガン地区とダアンバンタヤン町チヌブダン地区にお米(5キロ) 500袋、ミネラルウォター(6リットル)500本。以上4回の支出総計は15,6980ぺソ。今回の第5回目の物資購入分を合わせると 総額33万3730ペソ。皆様からのあたたかいご支援ご協力ありがとうございました。
2 4
3
bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo