リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home コラム セブの自然災害

地震被害がもっとも大きかったボホール島西海岸の町

地震から12日目の被災地を訪ねて

3
   今回の地震で大きな被害を受けたボホール島西海岸の町。地震から12 日たった10月27日、州都タグビララン市でバイクをレンタルして被災地を回った。
   タグビララン市から国道を北に向かう。途中で道が寸断。同市の西北にあるマリボホック町に向かう橋は橋脚を残して二つに折れて水没していた。住民は現在、無料の渡し船で隣町との間を行き来している。復旧工事はすでに始まっており、重機が入り鋼材も運び込まれ仮架橋工事が進行中。現場監督の話では11 月以内には完成するらしい。バイクを船に積んで向こう岸のマリボホック町に入った。マリア像だけが奇跡的に立ったままの状態で残っていたとされる全壊したマリボホック教会。柱も壁も跡形もなくなり、土石を盛ったようだ。トタン屋根のみががれきの間から見え隠れしていた。
   マリボホックからロオン町に行く国道沿いの家屋の被害は特にひどかった。壊れていない家はほとんどないと言っていい。損傷の少ないところでも壁にひび割れが走り、多くの家はブロック壁が倒れ柱のみになっていたり、その柱もへし折れて半壊状態になった建物が目立った。間仕切りのない広い空間の教会や町役場、ジムナジウム(体育館)など、大きく高い建物ほど被害を受け、昔ながらの高床式の木造家屋は比較的被害を免れていた。家や学校のブロック塀も長い部分で約10数メートルつながったままで倒れている。教訓として地震の際には塀から離れること。コンクリート製の分厚いベンチも横倒し状態だった。

続きを読む: 地震被害がもっとも大きかったボホール島西...

チョコレートヒルはどうなった?ボホール・セブ地震から1カ月、復興を模索するボホール観光

歴史的な教会が次々に倒壊
1   10月15日、ビサヤ地方ボホール島内陸部のカルメン町付近を震源にしたマグニチュード7・2(M)の地震は、スペイン時代の歴史的な教会を倒壊させるなどの大きな被害をもたらした。
   セブからスピードボートで約1時間30分のボホール島。丸いお椀の形をした小高い山々が見渡す限り続いている景勝地チョコレートヒルやメガネザル見学、ダイビングなどで有名だ。これら観光産業に大きく依存してきたボホールは、今回の地震による観光客数の減少が心配されたが、地震から約1カ月がたった現在、観光業はすでに回復の兆しを見せている。

続きを読む: チョコレートヒルはどうなった?ボホール・...

セブの各地で水不足が深刻化

Osmena Peak

続きを読む: セブの各地で水不足が深刻化

台風ヨランダの襲来から8カ月

被災地レイテを人道支援
自衛隊医療チームに同行取材

セブのボランティアも自衛隊に合流

landing

   台風ヨランダ(30号)が襲来してから8カ月が経過した7月、日本の自衛隊の活動を取材するため、レイテ州タクロバン市入りした。米海軍が主導する人道支援訓練
「パシフィック・パートナーシップ」の一環で7月4日、米豪両軍と共にタクロバン市に到着した日本の自衛隊員ら約180人に同行取材するためだ。マニラ新聞セブ支局の担当記者として、レイテで取材をするのは被災から2度目となる。自衛隊に同行した2週間を振り返る。

続きを読む: 台風ヨランダの襲来から8カ月

台風被災住民に支援物資を配布- セブ日本人会

5回にわたり 総額33万3730ペソ分

1
   セブ日本人会(三村幸弘会長)は2日、台風ヨランダ(30号)で家を失ったレイテ島タクロバン市内の被災民が避難しているセブ市南部のサウスロードのテント村に、マットレスや枕などの支援物資を贈った。また「子供たちの笑顔のために」と、千葉県佐倉市の会社社長が寄付した200個以上のぬいぐるみも手渡された。
   セブ日本人会はこれまで、寄付された総額33万3730ペソの義援金で4回にわたってセブ各地に支援物資を届けており、今回の支援は5回目。
   支援物資はコンクリートの床でも快適に寝られるようにとマットレス60枚と枕120個、さらに石鹸やシャンプーなどの生活必需品のほか保温ポット60個、ガス調理台なども贈られた。テント村の被災者の要望をもとにセブ日本人会が支援物資を決め、三村会長以下10名の理事が直接手渡した。

続きを読む: 台風被災住民に支援物資を配布-...

回想のセブ島暮らし

1
自然災害編1990年代初頭から
By  松本 重樹

   2013年11月8日、ビサヤ地方中部を襲った台風「ヨランダ」はフィリピン史上最大の死者・行方不明者7500人以上を生じる甚大な被害をもたらした。この台風は100年に一度あるかないかの熾烈さだったが、四半世紀に及ぶ私のセブ島暮らしの中、台風を始め噴火、地震などの災害は数多く発生していて、これを振り返ってみたい。

コラソン・アキノ元大統領時代の自然災害
   現大統領アキノの実母、コラソン・アキノ元大統領の時代(在任1986年~1992年)はエドサ政変によって生まれたためということもないが、クーデター騒ぎと任期後半には大きな自然災害の重なった時代だった。
   1990年7月16日、ルソン島の山の避暑地で知られるバギオ市でマグニチュード(M)7.8の大地震が発生、死者1600人を生じた。私は1986年2月にバギオを訪れ、涼しさを堪能しながら同月に行われたアキノ対マルコスの大統領選の開票を市内の公園で眺めた経験を持つが、地震後の写真を見ると記憶にあった街並みは変り果て、泊まったホテルの建物の柱が折れ、無残に崩れ落ちていてゾッとした。

続きを読む: 回想のセブ島暮らし

ビサヤを襲った猛烈台風ヨランダ(30号)、 セブ島北部の町に甚大な被害 セブ日本人会が義援金を呼びかけ

義援金を受け付けています。
セブ日本人会は台風ヨランダの被災者支援のため義援金を受け付けています。義援金は比赤十字を通じて被災者に送られます。
セブ日本人会義援金受付の口座番号
Metro Bank Lapu-Lapu City Branch
Account Name: Japanese Association Cebu, Inc.
Account No. 185-3-18564279-9
義援金に関するお問い合わせは、セブ日本人会(Tel. (032)343-8066、Fax(032)343-7663)もしくは、同会の今野喜六さんまで(Tel. 0921-368-6493)。

Yolanda Victims
ビサヤを襲った猛烈台風ヨランダ30号 セブ島北部の町に甚大な被害 セブ日本人会が義援金を呼びかけ1
ビサヤを襲った猛烈台風ヨランダ30号 セブ島北部の町に甚大な被害 セブ日本人会が義援金を呼びかけ2
ビサヤを襲った猛烈台風ヨランダ30号 セブ島北部の町に甚大な被害 セブ日本人会が義援金を呼びかけ3

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo