リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home コラム セブと日本人 「メイド・イン・セブ」のカメラをアジア、世界へ!

「メイド・イン・セブ」のカメラをアジア、世界へ!

マクタン輸出加工区(MEPZ1)でデジカメを 生産 するペンタックス

1
第1回 Pentax Ricoh Imaging Products (Philippines) Corporation (小沼豊社長)
   セブのマクタン島にあるマクタン輸出加工区(MEPZ1)で、1991年からフィルムカメラの生産を行っている「ペンタックス」社。カメラの代名詞ともなった同社は戦後まもなく、日本初の一眼レフカメラを発売するなど、その卓越した技術開発力を誇ってきた。 いま、そのペンタックスのレンズ交換式デジタルカメラの全機種が、マクタン工場で組立て・生産されていることはあまり知られていない。「メイド・イン・セブ」をキーワードに、地元に密着した生産体制で、アジアと世界に向けたグローバルセンターを目指しているペンタックスの、製造現場を訪ねた。
   ペンタックス工場には現在、従業員1,300人(女性が6割)が働いている。各工程の作業場は空気清浄度が確保されたクリーンルームになっており、エアコンが効いた病院の無菌室のようなつくりだ。そのガラス張りの部屋の中では防じん服とゴーグル姿の女性たちが計器を調整したり、細かな作業の手を黙々と動かしている。初心者向けからプロ用までのレンズ交換式カメラはここで作られている。とくに日本で「カメラグランプリ」、「グッドデザイン賞」など、ヨーロッパなど世界中でも多くの賞を総舐めにした、4000万画素の高級一眼レフモデル「645D」は、約2,000個の部品を全て手作業で組み立てるという驚くべき「職人芸」により、ここマクタンで作られているのだ。「645Dを担当する職人は、社内でもトップレベルのメンバーから選抜し、さらに日本でもみっちりと訓練を行ってきました。我が社の最高機種はフィリピン人によって作られているんです」と話すのは、マネージャーの黒田真一郎さん(38歳)。黒田さんは元青年海外協力隊員で、任期終了の後にセブに残りペンタックスに就職した。「フィリピン人はみんな手先が器用で、細かい作業に大事な視力も高いですね。勤勉かつコミュニケーション能力も高いので助かります」とその労働力を高く評価する。
   これまではセブ工場では本社(東京都)から注文を受けてその通りにカメラを作ってきた。最近ではカラーバリエーションのカメラがヒット商品となっていた。日本で成功した「100色以上のカラーバリエーションの注文を受けてお客様に確実にお渡しする」というノウハウを、今後はグローバル展開し、要望の高い「その国・地域にあったカメラカラー」を世界に広げて行くという。また、近年のVIP(ベトナム、インドネシア、フィリピン)+インドの経済成長とともにアジアでの販売が伸びているなか、「お客様に安心を届ける」をモットーに、「マーケットから近い工場」の地の利を生かし、生産拠点と販売が一体となったアジアのハブとなるべく、拠点の整備を進める方針だ。
   フィリピンにおいても販売拡充のための様々な施策を進めており、「フィリピン国内シェア1位」を目指している。昨年11月には、国際交流基金マニラ日本文化センターの協力で、セブ市のドンカルロス高校の生徒29人が工場見学に訪れた。「日本のペンタックスカメラは日本で作られている」と思い込んでいた高校生らは、マクタンで製造されていることを知り、一様に驚いたという。また、セブの人たちに誇りを感じてもらえるよう「セブ産の製品を買おう」という標語のステッカーを全島に配布し、セブに根付いた企業イメージとブランド名の浸透にも力を入れている。

ナビ・デ・セブ第3号[Navi de Cebu Vol. 3]より

cam1 cam2
cam3

 

 

 

 

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo