リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home コラム

categorybanner column

フィリピン人男性の割礼

by ジャピーナッツ

1
   フィリピン人の男性の多くは10歳前後で割礼をするらしい。割礼とは言葉では知ってはいるが、具体的に何をどうするのかは女の私にはよくわからなかったが、この割礼を済ませると「ペソ(ヒヨコ)」ではなくなり大人扱いされるそうな。そしてしばらくはパンツも履けないらしく、大人用のブカブカのTシャツをワンピースのように来て、股間のあたりが患部に当たらないように指でつまんで歩く、という姿を見かける。パンツを履けないということは、通常の生活もできないので、ほとんどの人が長い休みである3月から5月にかけてのサマーホリデーの頃が「シーズン」なのである。
   こちらに嫁いできて、当たり前のようにこんな風景を見ているので、当然、我が二人の息子たちも年頃になればやるものと思い込んでいた。しかしいざ「やろう」と思っても、具体的にどこに行けばやってくれるのか、正確な情報は、いや、私たちの生活レベルにあった情報はなかった。まず夫に聞いたが、夫の時代には、近所の適齢の男児が集められ、片っ端からナイフでやられた、という。もっと年上の親戚連中によるとナタでやった、という話だ。我が息子たちは中身はともかくれっきとした日本人である。そんな野蛮なことはさせられまい、ととりあえず行きつけの小児科に朝一番に行ってみた。そこで軽く1時間ほど待たされ、外科の医師を紹介されたのでそこへ行くと、そこでも1時間くらい待たされ、ようやく診察室に通された。すると向かいの病院でやるので、何時までに手続きを済ませておけ、と言われ、あっちに行き書類を出したり、こっちに行きお金を払ったりして、ようやく終わったのはすでに日が傾いていた。何のことはない、外科手術であった。費用は医者にいくら、手術室使用料がいくら、薬代がいくら、というようにちょこちょこと払わされたが、合計するとかなりの金額であった。割礼するのもたいへんなのね、と思ったが、まさか仮にも日本人である我が息子を、近所の保健所に並ばせてタダでやってもらうわけにもいくまいよ、と妙な見栄を張ってしまった。しかしだいたい要領はわかった。直接、外科医を訪ねればいいのだ。そして長男の時にはわざわざセブ市内まで出向いたが、家はマクタンなのだからマクタン島内の病院でもいいじゃん。

続きを読む: フィリピン人男性の割礼

「根拠のないこと?」、「意味のないこと?」、でもネ……

navicebunol1-hinayhinay-01

ジャピーナッツのセブ日記
By: ジャピーナッツ

   こちらに暮らし始めた頃はいろんなフィリピンスタイルに対し、ただただ珍しく驚くことも多く面白かった。5年目くらいからそういったいわゆる「根拠のないこと」、「意味のないこと」のようの思われることに対し、腹立たしく思うようになった。
   子供たちが熱を出すとすべて「くじき」か「歯が生えてくるから」の2つの理由にされてしまうことはまだしも、姑が近所のサリサリストアで1ペソのアイスキャンディーを買ってきて、それにお湯をかけて出てきた湯気を、熱を出した子供に吸わせていた時には、真剣に「ねぇ、それ、何の意味があるのよ?」と聞いて、姑が怒り狂っていて家を出て行こうとしたこともあった。

続きを読む: 「根拠のないこと?」、「意味のないこと?...

「貧乏人の子だくさん?」

631
by 大矢  南(マニラ新聞記者)

   おなかの大きい母親が右腕に1歳未満の子供を抱え、左手は2、3歳以上の子供の手を握る。子供が2人ほど手をつないでいるそばには10代の子供が妹、弟をおぶって母親の後について歩く。首都圏の貧困層が暮らす地域でよく見る光景です。団塊世代以前の日本人男性の方々からはノスタルジックな思いを込めて「終戦直後の日本と同じだ」という声をよく聞きます。
   国連人口基金の2012年報告書によると、フィリピンの合計特殊出生率は3・1で、東南アジア諸国連合10カ国で最高です。2015年までの達成を目指す国連ミレニアム開発目標の一つ、妊産婦死亡率や家族計画サービス・情報の普及でも遅れが目立っています。
   人工妊娠中絶は違法ですが、望まない妊娠から、年間約40万人が医師または無資格者による中絶手術や、密輸中絶薬の服用、民間療法などの危険な方法で中絶を行っているといわれています。10代の妊娠増加も問題です。

続きを読む: 「貧乏人の子だくさん?」

タガログ語族とビサヤ語族

583   1957年、初めてフィリピンの地を踏んでいちばん驚いたことは、この国は7000余の島々と70余の言語からなる多言語多民族国家だと知った時でした。特に多数の人々が話す有力言語だけでも「イロカノ」、「タガログ」、「ビコラーノ」、それに「セブアノ」、「イロンゴ」、「ワライ」などビサヤ語、さらにはスペイン語との混成語「チャバカノ」とたくさんありますから、共通言語として「英語」が必要不可欠になるわけです。これらの中でもタガログ語はマニラ首都圏を中心としてカビテ、バタンガス、リサール、ブラカン、ミンドロ、パラワンの各州だけで使われた地方言語でしたが、戦後、フィリピンの国語に指定されてからは学校教科書で、またテレビの全国放映用語ともなって、全国的に聞く方では理解されるようになってきています。だから、マニラにはタガログ語と英語しかしゃべらない人が大多数です。彼らはビサヤ諸語などの地方言語は全く知らないし、覚えようともしません。
   反面ビサヤ諸島、ミンダナオ島にいる人々はタガログ語は聞いて理解はできますが、自ら進んでは話しません。私もマニラに来るまではフィリピンは単一言語のマレー系単一民族が住む国だと思っていました。そして、マニラだけにいた間はそういう解釈に違和感を持ったことはありません。今でもマニラ以外に行かないほとんどの日本人はそう思っているでしょう。
   そして、フィリピン人が分かれて争っているのはミンダナオ南西部に住むイスラム教徒と共産党新人民軍だけだろうと思っています。ところが、全フィリピン人の7割がしゃべるというビサヤ語の人々は、セブ島を中心とするビサヤ諸島とミンダナオ島に住んでいます。そして彼らビサヤ語族とタガログ語族の間にはぬぐい難い対立感情が根深く存在しています。そして、こういう事実は、見下される側のビサヤ語族の人々は皆が意識し、承知していますが、強者の立場にあるタガログ語族の人々からは感じられません。こういう対立した人間感情をほとんどの外国人は知らず、フィリピン人相互間でも正面切っては口にしない、ぬぐい難い感情を形成しています。分かりやすく言えば、ビサヤから見れば「タガログは偉そうぶって、見下しやがる」ということです。
   こういう感情的な対立は理屈の外のことで、フランスでの「英語は知ってるけれど、しゃべらない」という民族対抗意識のように、長い歴史的な背景があり双方でぬぐい難い感情があるのです。1986年のエドサ革命でマルコスが追放された事件の最中でも、セブの人々は「またタガログ連中がやってるよ」という、何か外国の事件を聞くようなしゃべり方でした。
岡 昭(SNN代表、セブ在住)


ナビ・マニラ第10号[Navi Manila Vol. 10]より

沈黙と静寂がない社会

567
   好きなフィリピン社会が、なぜこうも騒々しいのだろうと考えさせられる。最近はあのやかましいジプニーの中の音楽は規制でなくなってきた。昔はスピーカーが座席の下に仕掛けられて音楽が全身に響く構造になっていたものだ。一説ではこれが女性の性感を刺激して快感を誘ったのだという。
   家では家鳴り振動せんばかりに音楽を響かせる。私が家に帰るとすぐに音量を小さくする。小さな音は音楽でないと言わんばかりだ。マニラでタクシー運転手に言われた「ラジオの音楽を切れ、エアコンが寒すぎる」と小言を言うのは決まって日本人だそうだ。これがアメリカ人だと「音楽を聴きながら一緒にエンジョイし、エアコンをもっと効かせろ」と言うそうだ。中国人は何も言わないらしい。

続きを読む: 沈黙と静寂がない社会

セブへようこそ!

527
不思議な好景気

   最近の首都圏やセブ市は、20階建て以上の高層ビルが乱立し「一体誰が建て、誰が買い、誰が借りるのだろう」と、首をかしげる人が多い。比の国内総生産(GDP)は東南アジア域内で最低水準に近く、開発途上国が先進工業国家になる指標「GDPの2けた成長が10年続く」というレベルからもはるかに遠い。大都会裏町の「スクォッター(不法占拠地域)」は20年前と同じで目を覆いたくなる。比は景気が良いのだろうか。それではなぜ、850万人(人口の1割)も海外就労するのだろう?と不思議だ。私なりに、あまり難しい数字に頼らない最新「比経済のウラヨミ」を試みる。

続きを読む: セブへようこそ!

フィリピン史の原点、マクタンの戦い

火砲のマゼラン軍 vs 弓矢のラプラプ隊

Kadaugan sa Mactan

P4270755

   フィリピンは16世紀から20世紀半ばまで、ほぼ400年にわたってスペインとアメリカの統治下に置かれたが、歴史の原点には輝かしい一頁を刻んでいる。それは臼砲、鉄砲などの火器で武装したマゼラン提督の軍に弓、矢、刀のラプラプ酋長の部隊が立ち向かい、巧みな戦法でこれを撃退、マゼランを殺害した事実である。

続きを読む: フィリピン史の原点、マクタンの戦い

セブから行くバコロド!!

 観光スポットになった砂糖貴族の「廃墟」- Bacolod
“The Ruins” (The Don Mariano Ledesma Lacson Mansion)

IMG 8021

続きを読む: セブから行くバコロド!!

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo