リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home セブ基本情報 セブアノ(セブ族)について

セブアノ(セブ族)について

マゼランが見た500年前のセブ族
  [スペイン人がはじめて見たビサヤ族]

セブアノ(セブ族)はビサヤ族の代表で、セブアノ語を話す人たちをさす。スペイン人がはじめて目にした原住民はビサヤ族であった。マゼラン探検隊、レガスピ探検隊ははじめて見る原住民の習俗や体型、かっこう、生活の様子を、好奇心と興味から偏見抜きの目線で克明に記している。それによると、当時(今から500年近く前)のセブアノは一般に、「すべて男も女も顔立ちが立派で性質がよく、ルソンやその近隣の島々の住民たちよりも素質や性質がよく、態度が高潔である」とその性格をほめた上で、男たちは体全体に手の込んだ刺青(ピンタドス)をし、細かな細工を施した金と象牙の派手な耳飾や腕輪で身を飾り、ふんどしをつけていたという。いっぽう、「女たちは器量がよくしとやかで、非常に清潔で、歩き方がゆったりしている。髪の毛は黒くて長く、頭に束ねている。腰から下にあらゆる色の布を巻きつけていた」とある。いまもセブの女性たちは、スイートで情に厚く(「マランビン」という)、スタイルがよく背筋を伸ばして悠然と歩き、また美貌が多いと評されることが多い。さらに、「島民は大酒のみだが、法秩序と度量衡を定め、平和と怠惰と静安を好む」ともある。セブにはすでに首長の率いる小王国があり、領民がよく統治されていたことがうかがえる。

続きを読む: セブアノ(セブ族)について

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo