リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home アクティビティー おすすめ記事 大手民放テレビ局、TV5でNHKの人気ドラマ「あまちゃん」の放映が決定

大手民放テレビ局、TV5でNHKの人気ドラマ「あまちゃん」の放映が決定

歌とダンスを披露するフィリピン人アイドルユニットKawaii517日午後6時半ごろ首都圏タギッグ市フォートボニファシオで写す

文:加藤昌平
写真:冨田すみれ子
マニラ新聞記者             

edited IMG 1424
   NHKでヒットを飛ばした朝の連続テレビ小説「あまちゃん」がフィリピンの大手民放テレビ局TV5で放送される。
   NHKによると、10月5日から放送開始。月〜金曜に毎日1話ずつ放送され、午前11時と午後10時の1日2回、同内容の番組が流れる。番組後には、「あまちゃん」に登場した日本文化や食を紹介する5分間のミニ番組「ハロハロカフェ」も放送される。
   NHKは近年、アジア圏を中心にテレビコンテンツの輸出に注力しており、今回の放送もその一環。フィリピンでNHKの連続テレビ小説が放送されるのは1990年の「おしん」以来、25年ぶりとなる。
   「あまちゃん」はすでにインドネシア、マレーシア、台湾など10カ国・地域で放送されているが、いずれも字幕版だったため、吹き替えを望む声が挙がっていた。これを受け、フィリピンでは初めて吹き替えによる放送を採用した。
   首都圏タギッグ市フォートボニファシオで17日に行われた発表イベントでは、番組のために結成された平均年齢18歳の5人組フィリピン人アイドルグループ「Kawaii5」が登場し、フィリピン語にアレンジされたドラマの挿入歌、「暦の上ではディセンバー」と「地元に帰ろう」の2曲をダンスとともに披露した。2曲はフィリピン語にアレンジされ、フィリピンでも流れる。人気次第では日本に逆輸入される可能性もあるそうだ。
   同グループはミニ番組で、フィリピンで活躍する日本人タレント、ヤッチャンと共に出演し、ドラマを盛り上げる。日系の通販サイトとも協力し、番組を見た視聴者だけに対する特典も用意。
   あまちゃんグッズも随時販売を開始していく予定という。
   会場では、ドラマの主演を務める能年玲奈さんがフィリピン語であいさつするビデオレターが流された。
   TV5のノエル・ロレンザナ社長はマニラ新聞の取材に「ヒロインが自己を犠牲にして挑戦する内容は、フィリピンの視聴者に受け入れられるだろう」と期待を寄せた。
   NHK番組の海外配信を担当する関連会社、日本国際放送の冷水仁彦社長は「家族のきずなや笑いを大切にするフィリピンの方にもきっと楽しんでいただけると思う」と自信を示した。
   「あまちゃん」は2013年にNHKで放送され、人気を博した。東北の海辺の町で育った高校生の主人公アキがアイドルを夢見て苦難を乗り越えていくストーリー。
   フィリピンではこれまでも、「1リットルの涙」などのドラマや「情熱大陸」「ガイアの夜明け」といった情報バラエティが放送されている。今後、「あまちゃん」がフィリピンでムーブメントを生み出すのか、期待が寄せられている。

ナビ・セブ第12号[Navi Cebu Vol.12]より

edited IMG 1406 edited IMG 1421
edited IMG 1458
bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo