リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home アクティビティー 在留邦人のイベント セブ市で開かれたチャリティーコンサートで マリーンさんと吉田次郎さんが共演

セブ市で開かれたチャリティーコンサートで マリーンさんと吉田次郎さんが共演

Marlene Duo Jiro Yoshida  台風ヨランダ(30号)復興支援のコンサート
今野喜六( マニラ新聞セブ支局)

navicebu8 marlene 02

   セブ市マボロのジャズバー&レストラン「JAZZ’N BLUZ」で5月10日夜、首都圏出身で日本で30年以上、女性ジャズシンガーとして活躍しているマリーンさんと米ニューヨークを拠点にするギターリストの吉田次郎さんが、台風ヨランダの被災地を支援するためのチャリティー・コンサートに出演し、約100人の観客を魅了した。

navicebu8 marlene 01

今野喜六(マニラ新聞セブ支局)

マリーンさんのセブでの慈善コンサートは今年1月に続いて2回目。今回の収益金とマリーンさん自身の寄付金、合わせて約15万ペソをセブ州北部サンレミヒオ町にある公立小学校に寄付する。
 2003年からマリーンさんと交流を深めてきた同レストラン経営者の石川裕子さんによると、マリーンさんは「東日本大震災でフィリピン人からたくさんの支援を受け元気をもらった。今度は自分たちが台風被災者を支援する番」と「マリーン・ヘルピング・ハンド」という支援組織を結成、日本のコンサートなどで募金活動を行っているという。
 マリーンさんは今年1月にセブを訪れ、それまで日本で集めた募金やコンサートの収益金など約126万円を原資に、セブ州アルガオ町やレイテ州タクロバン市、ミンダナオ地方ジェネラルサントス市にそれぞれ、デング熱を媒介する蚊を駆除する薬品を寄贈したほか、台風で被災し教室の約7割が一時使えなくなったセブ州サンレミヒオ町の公立小学校の修復工事費用として提供した。
 一方、2005年にインターネット投票で人気ギターリストの1位に輝くなど、世界的に活躍する吉田次郎さんは03年から、国連協同教育派遣協会(WAFUNIF)の親善大使にも任命されている。マリーンさんの趣旨に賛同した吉田さんは今回、渡航費など自費で工面し、コンサートに参加した。

ナビ・セブ第8号[Navi Cebu Vol.8]より

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo