リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home アクティビティー ニュース & インフォ スカイダイビング用の4人乗りセスナ機がバンタヤン島に不時着。ケガ人なし。

スカイダイビング用の4人乗りセスナ機がバンタヤン島に不時着。ケガ人なし。

SKYDIVE GREATER CEBU

 セブ州最北部にあるバンタヤン島のサンタフェ空港で4月18日午後4時40分頃、スカイダイビング用の4人乗りセスナ機が滑走路に差し掛かる直前にエンジンの故障で失速、そのまま滑空し不時着した。熟練の操縦士(28)は落ち着いて対処して無事だった。セスナ機はプロペラを破損したのみ。同機は韓国人客3人とインストラクターの計4人を乗せて飛び立ち、4人が空にダイビング降下した後で空港に戻る途中だった。サンタフェ町はセブ本島から船が発着している南東部にある港町でバンタヤン島の中心地。

 同島のスカイダイビングは聖週間前から始まり、「サンタフェ・スカイダイブ」は島の観光の目玉として期待されている。料金は一人につき18,000ペソ。フィリピン民間航空局(CAAP)からも正式な認可を取得済み。
 アスガナ町長は「この事故でツアー客が減ることはないし、これからもスカイダイビングを島あげて歓迎したい」とコメントした。
 以上、英字紙「セブ・デイリーニュース」が報じた。

写真は「SKYDIVE GREATER CEBU」のFACEBOOKより→
https://www.facebook.com/skydivegreatercebu/timeline

bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo