リゾートアイランド・セブのこだわり生活情報誌
現在地: Home アクティビティー 行事・祝日 グアダルーペ教会で行われた聖週間の「十字架の道行き」

グアダルーペ教会で行われた聖週間の「十字架の道行き」

mAIN キリストの受難

1

   フィリピンは1億国民の約9割がカトリック教徒、アジア最大のカトリック信徒の国だ。今月2日から5日までの4日間は信徒たちにとって1年で最も大事な聖週間(HOLY WEEK)だった。キリストが磔刑(たっけい)に処されたとされる聖金曜日(3日)は各地でキリストの受難を追体験する儀式が行われた。多くの市民がボランティアとなって酷暑の中、汗まみれになりながら「ゴルゴタの丘」を作り、丘の上にはキリスト受難の舞台装置ー処刑場、柵、十字架などーの造形物が整えられた。

 私はセブ市内のグアダルーペ教会での儀式を見に行った。5千人を超す市民が見守る中、まずキリストと共に処刑されたとされる2人が左右の十字架にはりつけにされる。キリスト役を演じるラフィ・アノールさん(25)はアーチディオセサン教会から十字架を担ぎ、手足から血(本物ではない)を流しながら3キロの道のりを歩き続ける。キリストの道行きでの故事にちなんで、途中で14回倒れ、追捕の兵に追い立てながら息も絶え絶えにゴルゴタの丘にたどり着く。
 舞台のすぐ前にはセブ市職員演じるエキストラが数百人。2000年前のユダヤの庶民たちの衣装をまとっている。聖母マリア役の声をかき消すように「はりつけに!はりつけに!」と叫ぶ。アノールさんはついに両手、両足を十字架に縛られ、左右より一回り大きい十字架は舞台の真ん中に立てられた。間もなく左わき腹に槍が入る。
 アノールさんの顔がガクッと崩れ落ちた。執行人が身体にさわり、その死を確認する。身体が紫の布で包まれ、十字架から降ろされる。悲嘆にくれる聖母マリアに抱かれるキリスト。ミケランジェロはじめ多くの芸術家が描き、刻んだピエタの図である。そこへ突然の雷鳴、一天にわかにかき曇り、大地は大きく振動する。驚いて。頭を抱え、逃げ惑う民衆たち。天が鎮まると、最後に登場人物たちが壇上に勢ぞろい、観客の大きな拍手を受けて、1時間の受難劇は終わった。(セブ支局、麻生雍一郎)

編集: 「ナビ・デ・セブ」 Navi de Cebu

2 3
a
bottom-banners-bw 02 bottom-banners-bw 04 greyfooterbutton 03 facebook bottom-banners-bw 08
denwacho 2015 cebumapbanner Cebu City Tour navimanila23 dmsweblogo